キャッシング店舗度のズレについて

わたしは40勘定、パパだ。自分で言うのもなんですが、わたしはかなりお洒落なんです。愛する洋服に扱う資金には糸目を擦り込みません。あんなわたしは、休暇ともなると色んなお暖簾をチェックして回ります。その日はゴージャスブランドの古着を向き合うお暖簾を覗いてました。するとゴージャス有名ブランドの外套が売っていたのです。以前の手本で、今ではその形の物は売っていません。わたしは以前からその手本が博士だったのですが残念ながら貰う時期を逃してしまっていました。ここでその外套に出会えたのは真に一期一会だ。わたしはすぐに外套を買おうと決めました。お代は10万円だ。けれどもその時、手持ちの資金はありませんでした。また、そのお暖簾はクレジットカードが使えません。古着のお暖簾ってとてもクレジットカードを扱っていないショップが多いですよね。
そこでわたしはいまやポッケを抱える都会銀行のカード割賦を利用することにしました。そのお暖簾の近くに銀行の支店があります。カード割賦の申し込みは銀行内に設立されたTVトップから行うことが出来ます。真に銀行に赴いて申し込みをしてみるとすこぶるシンプルでしたね。TVトップでオペレーターのパーソンとアナウンスをしながら賃借要求予算です10万円を申し込みました。債務要求予算が10万円と少額であるところ、すでにその銀行にポッケを抱える面などからはなはだスピーディーに審査が表通り30パイ程度で終わりました。カードをその場で発行してもらい、エーティーエム先端から10万円を借ります。こういう気軽さは、一向に自分のポッケから資金を引き出しているかのようですよ。
そして、わたしは安全お目当ての外套を買い付けが出来ました。今ではお気に入りの物品となり、こういう外套を着て休暇を楽しんでいます。
カード割賦は出金においても優しい応対があります。毎月の定期出金に付け加え、ほんのり余ったお金が出来た場合にはエーティーエムから一時出金をすると利息を抑えられますのでとってもおすすめですよ。また、出金太陽近くになるとメルアドで銀行から連絡をしてできる応対もあるのでたまたまうっかりポッケに資金を用意しておくことを忘れてしまったという羽目も防ぐことが出来ます。
私のように、急にほしい品が見つかり、クレジットカードの適用が出来ないという有様ってさほど多いものです。そんな時、銀行のカード割賦を利用するととても便利です。カード割賦を利用されたことが無いパーソン、私の見聞を善悪参考にして下さい。

果たして銀行の方が審査が厳しいのか

消費者金融は、たまに銀行と比較されます。とりわけ審査に関して、比較される事が多いです。

一般論で申し上げると、銀行の方が審査の基準は厳しいです。銀行の審査で落とされてしまった方々が、消費者金融の審査にすんなり通っている事例も多く見られます。

しかし必ずしもそうとも言えない一面もあるのです。その1つが、融資可能額ですね。

そもそも消費者金融の場合は、必ず3割ルールがあります。年収の3割以上の金額は、借りる事はできないルールになっているのです。

ところが銀行の場合は、その3割ルールは適用されません。状況によっては3割以上の金額で借りれる事例も、稀に見られるからです。多額の融資で助かっている事例も、案外と多く見られます。ちなみにその「3割ルール」は、いわゆる総量規制と表現される事が多いですね。

ですので借りれる金額の審査に着目をすれば、むしろ消費者金融の方が審査が厳しいとも言える訳です。多額の金額を借りたいと思うならば、やはり銀行の方が良いのではないでしょうか。