バンクイックでキャッシングをするとどのような方法で返済する事が出来る?

バンクイックでキャッシングをした時は返済期日までに返済しなければいけませんが、どのような方法で返済するのか分からない人も少なくないでしょう。そこでバンクイックにはどのような返済方法があるのか確認していきましょう。

バンクイックの返済方法は口座振替、インターネットバンキング、ATMがありますが、口座振替、インターネットバンキングで返済する時は三菱東京UFJ銀行の口座を持っている事が条件となります。口座を持っていないと返済方法がATMとなってしまいます。

またATMで返済する時は三菱東京UFJ銀行のATMだけでなくセブン銀行、ローソンATM、E-netなどコンビニに設置されているATMも利用する事が可能です。手数料はすべて無料になっているのでコンビニで返済しやすいのも特徴になります。

借り換えタイミングを計ってキャッシングを利用する

キャッシングは数多く存在していますので、利用者の選択肢は多く、都合に合わせて、お金を借りる事が可能です。

お金を借りる際には、利息に関してチェックをしておき、借入利率が返済をする上でユーザーの都合に合ったものであるのかを調べておきます。

もし、借入利率が高いと感じるのであれば、借り換えタイミングであり、借り換えを検討しても良いでしょう。

キャッシングの借り換えを行うメリットは、返済がし易い環境作りが出来るという事です。

現在借りている消費者金融会社のキャッシングよりも借入利率が低い消費者金融会社を見つけた場合、現在の借入を全額返済する為のお金をその新しい借入先である消費者金融会社から借りて返済してしまえば、その後の返済は新しく借りた融資に基づいて行っていく事になりますので、ユーザーにとっては返済がし易くなります。

キャッシングサービスの返済

キャッシングサービスにおいて、利用している業者が増えると面倒な場合があります。キャッシングサービスにおいて何よりも注意しなければならないのは返済に必要なお金と期日です。

返済期日を超えると利息分が上乗せされる場合もあるので、余計な出費を求められる事になります。計画的な返済を心掛けているなら絶対に避けたいトラブルです。利用しているキャッシングサービスが一種類であれば、返済期日を忘れてしまうケースは稀だと言えます。1つの返済期日を覚えておくだけで済むからです。

しかし10以上の業者を利用していると、月に十個の返済期日を覚えなければなりません。そして返済をする時の手間は単純計算で十倍に及ぶため、業者を一つに絞っている人よりも十倍の労力を用いる事になります。それを避けたいのであれば業者を一つに絞れる借り換えサービスが有効です。

借り換えとは複数の業者から借りているお金を単独の業者に肩代わりして貰い、リスクを背負った業者に対して返済を続ける方法を指します。返済プランの管理が面倒になった人に重宝されているやり方です。しかし借り換えを実行すると新たな借金が出来なくなってしまうため、実行のタイミングには細心の注意を払わなければなりません。

キャッシングの利用で注意していること

消費者金融のキャッシングを上手に利用する基本は借りたお金はすぐに返済することだと思います。完済までの期間が長くなればそれだけ負担する利息も増えてしまいます。

例えば5万円を上限金利の18%で30日間借りるとすると利息は約740円になります。同じ5万円でも同じ条件で借りて1週間で返済したとすると利息は約173円で済みます。分割して返済すると借り入れ額が大きい場合は利息の分だけ返済して元金が減らないということも有り得ます。

ですからキャッシングで借り入れる額はできるだけ一括して返済できるようにして短期間で返済してしまうのがキャッシングを上手に使う基本になります。私も消費者金融のキャッシングカードを持っていてお金が少し足りなくなると借り入れをしています。その場合は常に必要最小限のお金だけを借りるようにしています。

私はアルバイトで仕事をしているのですが、バイト代がでる日を考えてキャッシングを利用しています。借り入れている額はいつも1万円前後というところです。それをいつも2,3日で返済してしまいます。1万円であれば3日間の借り入れで払う利息は約15円程度なので気に掛けるほどのものではありません。

借り入れ額を必要最小限にして短期間で一括返済するようにすれば消費者金融のキャッシングはとても安心して使えるサービスだと思っています。