果たして銀行の方が審査が厳しいのか

消費者金融は、たまに銀行と比較されます。とりわけ審査に関して、比較される事が多いです。

一般論で申し上げると、銀行の方が審査の基準は厳しいです。銀行の審査で落とされてしまった方々が、消費者金融の審査にすんなり通っている事例も多く見られます。

しかし必ずしもそうとも言えない一面もあるのです。その1つが、融資可能額ですね。

そもそも消費者金融の場合は、必ず3割ルールがあります。年収の3割以上の金額は、借りる事はできないルールになっているのです。

ところが銀行の場合は、その3割ルールは適用されません。状況によっては3割以上の金額で借りれる事例も、稀に見られるからです。多額の融資で助かっている事例も、案外と多く見られます。ちなみにその「3割ルール」は、いわゆる総量規制と表現される事が多いですね。

ですので借りれる金額の審査に着目をすれば、むしろ消費者金融の方が審査が厳しいとも言える訳です。多額の金額を借りたいと思うならば、やはり銀行の方が良いのではないでしょうか。